2019年01月27日

ジャケットのデザイン CDのプレスについて

ジャケット・デザインについて

レコーディング中から、ジャケットデザインも進めていきました。
ドラム担当のユキヒロックことヅカのデザイン・版下制作になります。

フリーのキャラクター制作サイト「キャラクターなんとか機」https://character-nantoka.appspot.com/
と、フリーの背景サイト「きまぐれアフター」を使わせていただきました。

架空のアニメ(漫画)「こちら★ぺぱーみんと放送部」がコンセプトで、
主人公の名前は「メモリーちゃん」と言います。

設定では、とある中学校の放送部「ぺぱーみんと」を舞台にした
恋あり、涙あり、笑いありの青春ドタバタ学園モノ。通称は「こち★ぺぱ」
主に失恋青春ソングを歌たっている失恋メモリーズの部分を膨らませてみましたが・・・
膨らませ過ぎました。(^_^;)

ジャケットと音楽の内容のギャップも面白いかな?と思います。
失恋メモリーズのアイコン「メモリーちゃん」これからも可愛がってください。

CDプレスと、ジャケットの印刷は「バンドのミカタ」https://www.xn--u9jug9btb8a6frg.com/でお願いしました。自分たちで組立てをする「自分仕上げセット」という、かなり割安のコースがあって、
300枚制作しました。

え?! さ、さ、さ、、、300枚!? 

100枚も200枚も300枚も大して値段が変わらないので、都合300枚も作ってしまいました。

正直、困っています。助けると思ってご購入いただけると幸いです。

アルバム宣伝2.png

posted by 失恋メモリーズ at 06:00| 新潟 ☁| Comment(0) | レコ発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

レコーディングについて

レコーディングについて

失恋メモリーズとしては初のレコーディング、CD制作となりましたが、
「レコーディング・スタジオ」と呼ばれる専門のスタジオで録音するかどうか悩みました。

費用も経験も足りないので、まずはライブハウス(新潟県三条市のロケットピンクさん)で、
「お客さんのいないライブ音源」と言う感じで、初期の曲をなるべく多く録音する。
そして、ライブを見に来てくれるお客さんを増やしたい、失恋メモリーズをもっと知ってもらう「名刺代わり」みたいな
コンセプトでレコーディングを始めました。

ドラムとベースとギター(ソロ以外)の3人で演奏し、マイクやラインで出来るだけ別トラックに録音し、
ギターを被せ、ソロを入れて、キーボードを入れて、最後にボーカル・コーラスを入れる方法で行いました。

ライブハウスでのレコーディングは、ライブイベントの無い空き時間を使わせていただくので、
格安で録音していただきました。
エンジニアは、ライブハウスのPAはもちろん、バンドマンでもあるので、的確に作業を進めていただけて、
当初のコンセプト通りにライブ感のある録音が出来ました。

ロケットピンク(三条)でのレコーディングの料金などについてはコチラ↓
http://www.soho-net.ne.jp/~rocketpink/booking.html

結果、9曲の録音が出来ましたが全曲をリリースするには細かな調整やミックスダウンが必要で、
レコーディングの時には気にならなかった細かな部分で、躊躇われる部分もあり、
最終的に「これなら聞いていただける!」と選りすぐった5曲に絞りました。

コンセプトも先に出来ていたジャケットデザイン(アルバム タイトル)に合わせ、
架空のアニメ(漫画)「こちら★ぺぱーみんと放送部」として、放送部の「校内放送」を
モチーフにSE(効果音)を付けて仕上げました。

ちょっとした小説や映画のサウンドトラックのような作品にまとめてみたつもりです。

ちなみに、SEはフリーの「効果音ラボ」https://soundeffect-lab.info/ を組合せて使わせていただきました。こちらのサイトは、いろんなセリフまであって凄いです。

shiro15.jpg
posted by 失恋メモリーズ at 06:00| 新潟 ☁| Comment(0) | レコ発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

作曲と作詞について

作曲と作詞について

曲作りには、先に曲があって歌詞をつける「曲先(きょくせん)」と、歌詞があって曲を後からつける「詩先(しせん)」とありますが、
失恋メモリーズの場合は、後者の「詩先」で作られています。

ドラム担当(ユキヒロックこと、ヅカ)が歌詞を書き、その中から♪ビビビッときた歌詞にギター担当(テツ)が、
歌詞にピッタリあった曲を付けてくれてデモを録音してくれています。

そのデモを元に、バンドみんなで編曲(アレンジ)をしていく形です。

歌詞は主に「失恋」や「青春」をテーマにしていますが、この歳にならないと感じなかったことや、
笑い話にできる思い出などをモチーフにして歌詞を書いています。

その歌詞を読み解き、ピッタリの曲調やテンポを、まるで絵を描くように作曲してくれるテツの才能には
同じバンドメンバーながらいつも驚きます。

中学からの長い付き合いで、同じ場所で同じ時代を過ごしてきたからこそ、同じ風景が見えるのかも知れません。

shiro11.jpg
posted by 失恋メモリーズ at 10:49| 新潟 ☁| Comment(0) | レコ発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

6曲目「Judgement Day」(「こちら☆ぺぱーみんと放送部」曲解説と歌詞)

6曲目 「Judgement Day」

「もしも、地球最後の日・・・伝えたい人は誰ですか?伝えたい事はなんですか?」と言うテーマを思いついたきっかけは、車中泊で富山に海釣りに出かけた時に、新潟の日本海に沈む夕陽と、翌朝に富山湾は日本海から朝陽が昇って来たんです。「夕陽も朝陽も同じ太陽(ほし)だった」と言う事を改めて実感し、明日もちゃんと太陽は昇ってくれるのかなぁ〜と思った経験から生まれた曲です。

歌詞:「Judgement Day」

沈む夕陽 熟し過ぎた果実
水平線に滲む 絵の具 
確かなことは ひとつだけ
夕陽も朝陽も 同じ太陽(ほし)だった

当たり前だと思ってた明日は
ちゃんとやって来てくれるかな?
安いSF映画 みたい
流れる臨時ニュースのテロップ

明日は「地球最後の日」
残された時間はあとわずか・・・

Judgement Day 地球最後の日
サヨナラって最後に 言いたいのは 誰?
Judgement Day 地球最後の日
アリガトウって最後に 伝えたいのは 誰?

明日より今日 そして今を君と共に
今日はいくつ 笑い合えたかな?
今日はどれくらい 愛し合えたかな?

昇る朝陽 心揺れる光
窓を開け 白いシャツを着る 
確かなことは ひとつだけ
廻っているのは 地球(ぼくら)の方だった

当たり前だと思ってた明日に
なかなか 気づかないけれど
天文学的な 確率で
僕等ここで こうして出会った

明日は「地球最後の日」 
残された時間はあとわずか・・・

Judgement Day 地球最後の日
サヨナラって最後に 言いたいのは 誰?
Judgement Day 地球最後の日
アリガトウって最後に 伝えたいのは 誰?

明日より今日 そして今を君と共に
今日はいくつ 笑い合えたかな?
今日はどれくらい 愛し合えたかな?

Judgement Day 地球最後の日
サヨナラって最後に 言いたいのは 誰?
Judgement Day 地球最後の日
アリガトウって最後に 伝えたいのは 君!

明日より今日 そして今を君と共に
今日はいくつ 笑い合えたかな?
今日はどれくらい 愛し合えたかな?
僕は君を 強く抱きたくて 
壊れそうなほど 温もりをもっと 
感じさせて 熱いKISSを交わし 
もっと強く激しく 抱きしめて

Oh oh oh! Oh oh oh!・・・

shiro10.jpg
posted by 失恋メモリーズ at 13:34| 新潟 ☁| Comment(0) | レコ発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

5曲目「兎と踊れ」(「こちら☆ぺぱーみんと放送部」曲解説と歌詞)

4 (INTERLUDE)
兎と踊れをイメージしたギャング映画、ゴッドファーザーのワンシーンのようなSE。


5「兎と踊れ」
ベースのソロから始まる曲です。兎については「月うさぎ伝説」と言うインドの神話があります。
あるところにウサギとキツネとサルがおりました。ある日、疲れ果てて食べ物を乞う老人に出会い、3匹は老人のために食べ物を集めます。
サルは木の実を、キツネは魚をとってきましたが、ウサギは一生懸命頑張っても何も持ってくることができませんでした。そこで悩んだウサギは「私を食べてください」といって火の中にとびこみ、自分の身を老人に捧げたのです。
実はその老人とは、3匹の行いを試そうとした帝釈天(タイシャクテン)という神様。
帝釈天は、そんなウサギを哀れみ、月の中に甦らせて、皆の手本にしたと言う神話です。
歌詞とは関係ないのですが、このお話が好き。
月面で兎と踊ってみませんか?

歌詞:「兎と踊れ」

Destroy boring everyday
and keep laugh'n
Keep laugh'n!
I know only that I enjoy it!
I enjoy it! I enjoy it!
(意:退屈な日常を笑い飛ばせ 笑い飛ばそうぜ!
俺たちは楽しむことしか知らねぇ 楽しむことしかな!)

泥水の中 這うような日々
哀しみの雨に 散弾銃
ぶっ放して いいんだぜ 
ルードボーイ ルードボーイ ルードボーイ

兎と踊れ 濡れたアスファルト
月面でSTEP AND STEP

兎と踊れ 割れた仮面
夜明けまでDANCE DANCE DANCE

泥水の中 這うような日々
哀しみの雨に 散弾銃
ぶっ放して いいんだぜ 
ルードボーイ ルードボーイ ルードボーイ

兎と踊れ 濡れたアスファルト
月面でSTEP AND STEP

兎と踊れ 割れた仮面
夜明けまでDANCE DANCE DANCE


shiro12.jpg
posted by 失恋メモリーズ at 21:48| 新潟 ⛄| Comment(0) | レコ発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする